Top >  プロエイジング >  プロ・エイジングを考える〜その3

PICK UP

Pure&Silk(ピュアアンドシルク)
気になるほうれい線に塗るだけ。
簡単ケアで見た目の若々しさを取り戻します!

美味しく飲んでキレイも実感!
アサイーレッドスムージー。

雑誌やTVで話題!
35歳から始める大人のスムージー。
アサイーレッドスムージーダイエットが新登場!
≪ダイエット≫+≪エイジングケア≫

プロ・エイジングを考える〜その3

バルボニさん69歳は、この年齢であるにもかかわらず、トライアスロンの大会に出場しているそうです。「54歳だった15年前、トライアスロンの大会に出た時は、自分はもう死ぬんじゃないかと思ったよ。」「最初のトライアスロン大会に参加すると言った時は、周りのみんなに気が違ったと思われたんだよ。」と彼は当時のことをこう言っているそうです。

彼の両親は、父親が心臓発作を2回、母親がストロークを3回経験しているそうで、それを傍で見ていて、自分も同じような経験を絶対にしたくないと決心し、それが運動を始めるきっかけとなったようです。しかし彼を心配する周りの人々は、年が年だし、トライアスロンというハードなスポーツを始めることに、皆が反対をしたそうです。そんな中、彼を支えた人が一人いました。それは奥さんのパッドさんでした。彼女のサポートがなければ、ここまでは続けてこられなかったとバルボニさんは言っているそうです。

奥さんのパッドさんは、「私は彼のコーチ役でもあったの。運動をしてこんなに健康でいてくれるのがとても嬉しいし、素晴らしいこどだわ。それに私の年で、こんなにグッドルッキングな夫を持っている妻はそうそういないでしょ。」と答えたそうです。ここにお二人の若さの秘訣があるように感じますね。幾つになっても、このチャレンジする気持ちを忘れずにいたいものです。

 <  前の記事 プロ・エイジングを考える〜その2  |  トップページ  |  次の記事 紫外線の種類について  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アンチエイジングを考える−Let’s アンチエイジング−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。