Top >  プロエイジング >  プロ・エイジングを考える〜その2

PICK UP

Pure&Silk(ピュアアンドシルク)
気になるほうれい線に塗るだけ。
簡単ケアで見た目の若々しさを取り戻します!

美味しく飲んでキレイも実感!
アサイーレッドスムージー。

雑誌やTVで話題!
35歳から始める大人のスムージー。
アサイーレッドスムージーダイエットが新登場!
≪ダイエット≫+≪エイジングケア≫

プロ・エイジングを考える〜その2

トライアスロンといえば、若い方のするスポーツだと勝手に思い込んでしまいますが、世界では50歳や60歳を過ぎた方や、70歳80歳を過ぎてもまだなおトライアスロンの大会に出場している人が居ます。バルボニさん69歳は「トライアスロンの大会に出場した15年前の54歳の時、あの時は本当にもう死ぬんじゃないかと思ったよ。」「最初にトライアスロン大会に出ると言った時、みんなに気が違ったんじゃないかと心配されたよ。」と言っています。

彼の母親は、ストロークを3回経験し、父親は心臓発作を2回経験しているそうです。それを見ていた彼は、自分も同じような経験をしたくはない。と決意し運動を始めたそうです。周りの人達が反対する中、彼の考えに賛成し、支えたのが彼の奥さんのパットさんだったそうです。彼女のサポートがなければここまではやってこられなかったとバルボニさんは言っています。その奥さんのパットさんは、「私は彼のコーチ役。こんな風に運動をして健康で居てくれるのが何より嬉しい。それと、私ぐらいの年代でこんなグッドルッキングな夫が居る妻はそうそう居ないでしょう。」と言っているそうです。以上このような二人の言葉を聞いていると、ここにその若さやプロ・エイジングの秘訣のようなものを感じる気がしますね。いつまでもチャレンジしていく気持ちが大切で、プロ・エイジングのひとつなのかもしれません。

 <  前の記事 プロ・エイジングを考える〜その1  |  トップページ  |  次の記事 プロ・エイジングを考える〜その3  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アンチエイジングを考える−Let’s アンチエイジング−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。