Top >  光老化 >  UV-Aとしみとの関係

PICK UP

Pure&Silk(ピュアアンドシルク)
気になるほうれい線に塗るだけ。
簡単ケアで見た目の若々しさを取り戻します!

美味しく飲んでキレイも実感!
アサイーレッドスムージー。

雑誌やTVで話題!
35歳から始める大人のスムージー。
アサイーレッドスムージーダイエットが新登場!
≪ダイエット≫+≪エイジングケア≫

UV-Aとしみとの関係

日光浴や日焼けサロンで、日焼けをする人が目指しているのは、美しい小麦色の肌です。それによってできる肌の状態をサンタンと言います。アメリカでは、そのサンタンを得るためのサロンをサンタン・サロンと呼ぶそうです。しかし、このサンタンは、実は肌にとって非常に負担がかかっているものなのです。サンタンは、紫外線から肌を守るためにメラニン色素が黒く変色したものです。紫外線を浴びたのが短時間だと、そのうちにメラニン色素は剥がれ落ち、元の肌色に戻ります。しかし、長時間大量の紫外線を浴びると、表皮だけでなく肌の細胞までが傷がつき、メラニンが剥がれ落ちなくなります。この状態が、しみです。

紫外線には2種類あり、UVAとUVBと呼ばれています。このUVAによって起こる日焼けをサンタンと呼んでおり、UVBによって起こる日焼けをサンバーンと呼ぶそうです。UVBは、火傷のような激しい日焼け(サンバーン)で、体内の遺伝子を傷つけ、しみだけでなく皮膚ガンの原因となる物質を含んでいます。UVAは、火傷のような日焼けは起こすことは無いものの、曇りやガラスを通しても皮膚まで届き、しみやしわの一番の原因となっているようです。皮膚の老化は、加齢が原因で老化するよりも、この日焼けによって老化するほうが大きい原因となっているようです。

このようなことから、外出時や部屋の中でいる時も、紫外線対策を怠らず、肌の老化を防ぐ努力をしましょう。

 <  前の記事 光老化って?  |  トップページ  |  次の記事 紫外線(UVA・UVB)としわ  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アンチエイジングを考える−Let’s アンチエイジング−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。