Top >  光老化 >  日焼け止めクリームについて

PICK UP

Pure&Silk(ピュアアンドシルク)
気になるほうれい線に塗るだけ。
簡単ケアで見た目の若々しさを取り戻します!

美味しく飲んでキレイも実感!
アサイーレッドスムージー。

雑誌やTVで話題!
35歳から始める大人のスムージー。
アサイーレッドスムージーダイエットが新登場!
≪ダイエット≫+≪エイジングケア≫

日焼け止めクリームについて

普通の日焼け止めですと、UVAとUVBの両方を防ぐ作用のあるものが一般的です。PA(プロテクション グレイド オブ UVA)は、UVAを防ぐ目安として使用されています。SPF(サン プロテクション ファクター)はUVBを防ぐ目安です。PA、SPFともに紫外線を防ぐ目安として使用されているようですが、客観的な数値で測定されているので、注意書きなどの使用法を守るのが良いと思われます。

このPAとSPFの詳しい説明をしますと、PAは、UVAにより肌が黒く日焼けを起こす性質を使っての測定方法で定められました。この基準は、日本化粧品工業連合会によって決定しましたが、PAの効果というのは数値化できないので、PA+・PA++・PA+++というように表すようになりました。PA+は、UVA防止効果があるとされ、PA++は、UVA防止効果がかなりあるとされ、PA+++は、UVA防止効果が非常にあると表されるようです。+が多いほど効果があるということです。

SPFは、UVBにより肌が赤くなる性質を使っての測定法方法で定められたそうです。この基準も同じく日本化粧品工業連合会が定めたようです。2から50までの数値で表し、”50+”が紫外線を防ぐ最高値です。

 <  前の記事 紫外線の種類について  |  トップページ  |  次の記事 日焼け止めの選び方と使い方  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アンチエイジングを考える−Let’s アンチエイジング−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。