Top >  光老化 >  紫外線の種類について

PICK UP

Pure&Silk(ピュアアンドシルク)
気になるほうれい線に塗るだけ。
簡単ケアで見た目の若々しさを取り戻します!

美味しく飲んでキレイも実感!
アサイーレッドスムージー。

雑誌やTVで話題!
35歳から始める大人のスムージー。
アサイーレッドスムージーダイエットが新登場!
≪ダイエット≫+≪エイジングケア≫

紫外線の種類について

太陽の光には、目に見える光と見えない光があります。虹には七色ありますが、赤から紫までの色を可視光線と呼び、目に見ることができます。そして見えない光というのが、赤外線と、肌の大敵である紫外線がそれに当たります。

紫外線は、UVA,UVB、UVCと呼ばれる3つの光からなります。このうちUVCは、そのほとんどが私達の地上には届いていないので、現在ではあまり問題視されていません。あとのUVAとUVBは、地上まで届き、肌に真皮まで届くものもあるので、これらが肌に深く関係します。UVAは、メラニン色素を誘発し、肌を黒くします。また、肌の奥まで到達するので、しわやしみなど肌の老化を進行させます。UVBは、紫外線の中で10%にも満たないごくわずかな量なのですが、肌の炎症を引き起こし、色素沈着を起こします。長時間に渡り繰り返しこのUVBを浴びていると、肌の老化を起こすだけでなく、皮膚ガンの原因にもなるので、注意が必要です。

このように、肌だけでなく体にも大きな影響を与える紫外線は、怖い存在にもなるということが分かりましたね。それらをなるべく避けるためには、日焼け止めを使用したり、外出する時は日傘や帽子などを使用して、紫外線対策を怠らないようにしましょう。

 <  前の記事 プロ・エイジングを考える〜その3  |  トップページ  |  次の記事 日焼け止めクリームについて  > 

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アンチエイジングを考える−Let’s アンチエイジング−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。